いぼ悩みは手術で解決可能【確実に取り除くことができる】

サイトメニュー

良性か悪性かを判断する

女性

治療方針が変わる

身体にできるいぼは一般的には良性の腫瘍であることが多く、切除することで完治できるケースが多いです。治療方法のひとつが手術による切除です。ただ、稀に悪性腫瘍であるケースもあることから、治療の際には良性のものか悪性のものかを判断する必要があります。なぜならば手術による切除においては良性の場合と悪性の場合では切り取る範囲が変わってくるからです。良性のものであればいぼの部位だけを切除すれば良いので、できるだけ傷を小さくするためにもぎりぎりの範囲を切除します。一方で悪性のものであれば周囲の組織への転移も考えられることから切除する面積が広くなります。判断が難しい場合にはいぼの一部を切り取って病理検査をすることで診察をするケースもあります。その結果によって治療方針が変わります。手術自体は日帰りで受けることができますが、その前に正しい治療を行うための問診があります。いつ頃発生したか、また発生した後どのような変化があったかなどを確認します。そのため、メモに残しておくなど記録しておくことが正確な治療を受けるために大事と言えます。その後医師による触診などが行われ、良性か悪性かを判断します。良性であれば手術日の調整を行い、手術日には約1時間弱の治療で取り除くことができます。なお、治療を終えてから一日程度は軽い痛みがあるケースもあります。そのようなことに備えて痛み止めを処方する場合もあります。患部は清潔な状態を保つことが大事なのでガーゼなどで保護しつつも、こまめに交換することがポイントです。いぼは子供から大人までさまざまな年齢に発生するもので、治療方法も確立されています。一般的には液体窒素を使用した方法が優先的に行われますが、痛みが強いことや複数回の通院が必要であることから、別の治療方法を選択することもあります。そのひとつが手術による切除です。手術による切除のメリットは確実に取り除くことができる点です。治療自体も日帰りで受けることができるので治療が日常生活に与える影響も最小限で済みます。特に足の裏や手のひらなど、日常生活においてよく使うことが多い部位にできた場合、早急に治すことが求められます。そのようなときも対応できる方法であると言えます。また、液体窒素やレーザー治療など、他の方法で効果がなかった場合にも有効な方法であると言えます。レーザー治療などでは治療について健康保険が適用とはならずに全額自己負担となることがあります。しかしながら手術による切除であれば、健康保険適用となるので治療に対する負担も少なくて済みます。できるだけ跡が残らないように切除を行いますが、どうしても小さな傷が残ることもあります。そのため、この治療方法を選ぶ際には傷跡が残ったとしても気にならない部位であることが大事です。つまり、顔など目立つ部位にできたいぼは不向きと言えます。足の裏など目立ちにくい部位であり、できるだけ早く治したい箇所に向いていると言えます。傷跡については適切なケアを行うことで目立たなくすることができます。そのため、治療後のケアについては医師の指示を守ることが大事です。

除去するならプロの手で

看護師

自宅でのいぼの除去はさまざまな危険性があるので、美容整形クリニックでプロに手術を行ってもらいましょう。美容整形クリニックの公式サイトに目を通せば、いぼの除去までの流れを知れて、初診の予約も行えるようになります。

詳しく見る

症状に合った治療法を

女医

いぼには悪性タイプもあるため、放置せずに医療機関で除去するのが得策です。薬物療法やレーザー治療・冷凍凝固術などで改善しない場合は手術が選ばれます。治療のきっかけはコンプレックスが多く、特に顔に発生しているものは早めの改善がおすすめです。

詳しく見る

必要な知識

カウンセリング

いぼ手術をする際にレーザーを選ぶ人が多いです。ただし肌の状態によっては選べないこともあるので、その時は液体窒素療法やメスで切ることもできます。それから治療を受けるなら、メイクは落とし脱ぎ着しやすい服が良いです。

詳しく見る

Copyright© 2018 いぼ悩みは手術で解決可能【確実に取り除くことができる】 All Rights Reserved.